江口泰司容疑者の顔画像が判明!未承認の発毛薬を世界最強うたい輸入販売【はげや】

埼玉県草加市中央の輸入代行業・江口泰司(えぐち・やすし)容疑者(49)が「医薬品医療機器法違反」の容疑で逮捕されました。

日本国内では承認されていない発毛薬を「世界最強」をうたい無許可で輸入販売していた疑いが持たれています。

 

時間がない人向け『簡潔に完結』な記事要約

「時間がない、要点だけ知りたい」そんな方に向けた本記事の超要約です。

 

  • 埼玉県草加市中央の輸入代行業、江口泰司(えぐち・やすし)容疑者(49)が逮捕
  • 国内未承認の発毛薬を無許可で輸入販売した「医薬品医療機器法違反」の疑い
  • 「違法とは思わなかった」と一部容疑を否認している
  • 顔画像は○判明している
  • SNSは✕判明していない

 

【事件概要】未承認の発毛薬を世界最強うたい輸入販売「江口泰司」逮捕

各社メディアにより報道されていて、以下のように報じられています。

 

▼記事によると…

  • 国内で承認されていない外国製の発毛薬を「世界最強」と宣伝し、無許可で販売したとして、県警は22日、医薬品医療機器法違反の疑いで草加市中央の輸入代行業、江口泰司容疑者(49)を逮捕した。

  • 「違法とは思わなかった。自分で使って効果があったから、売れると思った」と容疑を一部否認している。

  • 江口容疑者は平成19年ごろから「はげや」の名称でホームページを開設し、「発毛薬で世界最強と言われている処方のお得なセット」などとうたい、外国製発毛薬の販売を繰り返していたとみられる。

  • 逮捕容疑はホームページを通じてインドやタイ製で国内未承認の発毛薬「フィンペシア」「ミノキシジル」などを広告。昨年8~9月、沖縄県の30~50代の男性客3人に販売業の許可を受けないまま計千錠(販売価格計3万2650円)を販売したとしている。

  • 匿名の通報を受けた厚生労働省が県に情報提供し、県警が捜査していた。

引用:産経新聞 [1/23(木) 7:55配信]
<https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200122-00000007-san-l11>

 

【容疑者情報】江口泰司容疑者について(プロフィール・顔画像・SNS)

江口泰司容疑者について、現在判明している情報(プロフィール・顔画像・SNS)をまとめます。

 

【プロフィール】江口泰司容疑者のプロフィール

現在判明している江口泰司容疑者のプロフィールです。

 

プロフィール

【名前】江口泰司(えぐち・やすし)

【年齢】49歳

【職業】輸入代行業

【住所】埼玉県・草加市・中央

 

【顔画像】江口泰司容疑者の顔画像が判明か⁉

江口泰司容疑者の顔画像は判明しているのでしょうか。

 

各社メディアにより江口泰司容疑者の顔画像が公表されていました。

<画像:フジテレビ系(FNN)>

 

【SNS】江口泰司容疑者のSNSが判明か⁉

江口泰司容疑者のSNSアカウントは判明しているのでしょうか。

 

江口泰司容疑者の名前で調査しましたが、本人のものと思われるSNSアカウント(Twitter、Facebook、Instagram)は発見できませんでした。

今後の報道や調査で新しい情報が入り次第お伝えします。

 

【HP】江口泰司容疑者が運営していた「はげや」がこちら

江口泰司容疑者の輸入販売を行っていたインターネットのサイト「はげや」が判明しました。

 

このショップは「会員制オンラインショップ」で、現会員からの招待か利用履歴がないと登録できないようです。

<画像:フジテレビ系(FNN)>

 

???画????????峨??????????????с????
???画????????峨??????????????с????

続きを見る

 

発毛薬の効果と健康への影響について

<画像:フジテレビ系(FNN)>

国内では承認されていない発毛薬ですが、その効果や健康への影響や副作用はあるのでしょうか。

 

発毛薬の効果

江口泰司容疑者の運営するオンラインショップ「はげや」に掲載されていた、発毛薬の効果とされる画像が報道されていました。

 

<画像:フジテレビ系(FNN)>

<画像:フジテレビ系(FNN)>

 

健康への影響

報道メディアによる専門家への取材記事が報道されていたので紹介します。

 

▼記事によると…(一部抜粋)

血圧低下・むくみなどの副作用リスクが高い薬

これらの発毛薬の安全性について、薄毛治療を行っている美容クリニックの理事長に聞いた。

青山セレスクリニック 元神賢太理事長:
ミノキシジルは、副作用としては血圧が低下を起こしたり、むくみが起きたりします。副作用が起こる頻度も高いですので、安全性が高い薬とはいえない

実はこのミノキシジル、頭皮に塗る薬(外用薬)としては国内でも承認を受けているが…

ミノキシジルを内服薬として飲むことはは承認されておらず、副作用が出やすいという。

青山セレスクリニック 元神賢太理事長:
個人で使う分に関しては違法性はないのですが、実際「副作用が起こって薬をやめたい」と医療機関に相談される話はよくあることです

引用:FNN.jpプライムオンライン [1/23(木) 19:28配信]
<https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200123-00010012-fnnprimev-soci>

 

ネットの反応(Twitter・ヤフコメ)

江口泰司容疑者の事件についてのネット上でコメントを一部紹介します。

 

とある男性
この手の薬はいっそ薬局で売った方が
個人輸入とか違法販売は減ると思うんだけどな。
お金を掛けて毛が増えるなら、世界中の富豪にハゲはいなくなる。
とある女性
とある…輩⁉
プロペシア(フィナステリド)は服薬用に国内でも認可されています。医師の処方で服用できます。
ミノキシジルは塗布用途として、処方なくても買える薬です。リアップなどです。
そして、医薬品の個人輸入は1ヶ月以内分であれば、認められます。

 

大富豪にもハゲは多い。
なのに、直せないってことは、結局無理なのさw
とある男性
とある女性
日本は薬に関しては後進国だよね。なんでも認可が遅すぎる。
毛生え薬か。本当にできたらノーベル賞ものだと思う。
とある…輩⁉

 

【関連記事】本事件に関連する記事

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
「NewsJapan365」をフォローする

-事件
-, , ,

Title Text