田上寿容疑者(自衛官)の顔画像が判明か?基準値6倍で飲酒運転し現行犯逮捕【航空自衛隊芦屋基地】

航空自衛隊芦屋基地の3等空曹の自衛官・田上寿(たがみ・ひさし)容疑者(36)が「酒気帯び運転」の容疑で現行犯逮捕されました。

基準値のおよそ6倍の酒を飲んた状態で、福岡県水巻町猪熊の町道を車で運転した疑いが持たれています。

 

時間がない人向け『簡潔に完結』な記事要約

「時間がない、要点だけ知りたい」そんな方に向けた本記事の超要約です。

 

  • 航空自衛隊芦屋基地の3等空曹の自衛官・田上寿(たがみ・ひさし)容疑者(36)が現行犯逮捕
  • 基準値のおよそ6倍の酒を飲んた状態で車を運転した「酒気帯び運転」の疑い
  • 「酒場で、ビールを8杯くらい飲んだ」と容疑を認めている
  • 法定刑は「」
  • 顔画像は○判明している
  • SNSは✕判明していない

 

【事件概要】基準値6倍で飲酒運転、自衛官「田上寿」逮捕

各社メディアにより報道されていて、以下のように報じられています。

 

▼記事によると…

  • 25日未明遠賀郡水巻町で、自衛官の男が酒を飲んだ状態で車を運転したとして、現行犯逮捕されました。

  • 警察などによりますと、酒気帯び運転の疑いで現行犯逮捕されたのは、航空自衛隊芦屋基地所属の3等空曹・田上寿容疑者(36)です。

  • 25日午前1時半ごろ遠賀郡水巻町の町道で、ゆっくり蛇行運転をしている田上容疑者の普通乗用車を、警ら中のパトカーが発見し呼び止めました。

  • 田上容疑者から酒の臭いがしたため警察が調べると、吐いた息から基準値の5倍を超えるアルコールが検出されたということです。

  • 調べに対し「ビールを8杯飲んだ」と容疑を認めています。

  • 所属する航空自衛隊芦屋基地は加藤康博司令は「事実関係を早急に確認し厳正に対処するとともに、服務規律の徹底に努める」とコメントしています。

引用:九州朝日放送 [1/25(土) 12:45配信]
<https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200125-13596933-kbcv-l40>

 

【容疑者情報】田上寿容疑者について(プロフィール・顔画像・SNS)

田上寿容疑者について、現在判明している情報(プロフィール・顔画像・SNS)をまとめます。

 

【プロフィール】田上寿容疑者とはどんな人物なのか?

現在判明している田上寿容疑者のプロフィールです。

 

プロフィール

【名前】田上寿(たがみ・ひさし)

【年齢】36歳

【職業】自衛官(航空自衛隊芦屋基地・3等空曹)

【住所】不明

 

田上寿容疑者が勤務していた「航空自衛隊芦屋基地」の地図

 

【顔画像】田上寿容疑者の顔画像が判明か⁉

田上寿容疑者の顔画像は判明しているのでしょうか。

 

田上寿容疑者の顔画像を調査しましたが、各社メディアでは公表されておらず、本人のものと思われる顔画像は発見できませんでした。

今後の報道や調査で新しい情報が入り次第お伝えします。

 

【SNS】田上寿容疑者のSNSが判明か⁉

田上寿容疑者のSNSアカウントは判明しているのでしょうか。

 

田上寿容疑者の名前で調査しましたが、本人のものと思われるSNSアカウント(Twitter、Facebook、Instagram)は発見できませんでした。

今後の報道や調査で新しい情報が入り次第お伝えします。

 

【逮捕容疑】酒気帯び運転とはどんな罪?

田上寿容疑者の逮捕容疑として「酒気帯び運転」の疑いがあります。

ここでは「酒気帯び運転」について、どんな罪で、どんな刑事罰なのかまとめます。

 

酒気帯び運転は道路交通法の「飲酒運転」に規定されています。

飲酒運転には「酒気帯び運転」と、より罰則の重い「酒酔い運転」があります。

 

【罪状】飲酒運転について

では「飲酒運転」とはどのような罪なのでしょうか。

 

飲酒運転

【罪名】飲酒運転(いんしゅうんてん)

飲酒運転(いんしゅうんてん)は、飲酒後にそのアルコールの影響がある状態で自動車などの車両を運転する行為をいう。

日本の交通法規による規制により、飲酒等により血中または呼気中のアルコール濃度が一定数値以上の状態で運転または操縦することを特に酒気帯び運転(操縦)といい、数値に関係なく運転(操縦)能力を欠く状態での運転を特に酒酔い運転(操縦)という。

引用:ウィキペディア

 

【刑事罰】飲酒運転(酒気帯び運転)の刑事罰

では「飲酒運転(酒気帯び運転)」の刑事罰はどのようになっているのでしょうか。

 

飲酒運転(酒気帯び運転)の刑事罰

【刑事罰】3年以下の懲役又は50万円以下の罰金

2007年9月19日の道路交通法改正施行により、酒酔い運転の罰則が「5年以下の懲役又は100万円以下の罰金」、酒気帯び運転の罰則が、「3年以下の懲役又は50万円以下の罰金」へとさらに厳罰化された。また、飲酒検知を拒否した場合も「3月以下の懲役又は50万円以下の罰金」と強化された。

引用:ウィキペディア

 

【行政処分】飲酒運転(酒気帯び運転)の行政処分

では「飲酒運転(酒気帯び運転)」の行政処分はどのようになっているのでしょうか。

 

飲酒運転(酒気帯び運転)の行政処分

【行政処分】違反点数13~15点

酒気帯び運転は、2002年(平成14年)5月末までは、呼気中アルコール濃度0.25 mg[注釈 4]以上で違反点数6点となっていたが、2002年6月以降は、0.15 mg以上で違反点数6点、0.25 mg以上で違反点数13点、さらに2009年6月以降は、0.15 mg以上で違反点数13点、0.25 mg以上で違反点数25点と、少量の酒気を帯びた運転であっても重い運転免許証の行政処分が課されるようになっている。

引用:ウィキペディア

<引用:警視庁

 

ネットの反応(Twitter・ヤフコメ)

田上寿容疑者の事件についてのネット上でコメントを一部紹介します。

 

とある男性
初犯で、飲酒運転して逮捕されてもすぐに釈放されるし罰金刑がほとんどです。
飲酒運転は、罰金刑を無くして執行猶予無しの懲役3年ぐらいにしたら少しは減ると思います。
罰金刑では、ほとんど反省しない。前の会社に飲酒運転して逮捕された人が居たけど、捕まったのが運が悪かったなど話して全く反省はしていなかった。
こういうのは減給何ヵ月とか停職何ヵ月とかやってないで一発で懲戒免職にしないとだめだよ。まだ事故おこす前に捕まったから良かったものの、人身事故なんかやられた日にゃ被害者が不憫。
とある女性
とある…輩⁉
いつも思うけど、せめてもの救いが事故を起こす前に検挙されてよかったです。本人にとっても、免許取り消し・罰金と辞職か懲戒免職だけで済むのだから。しばらく免許は取れないだろうけど、まだ若いのだからどんな仕事でも出来ます。ここでしっかり反省してこれ以上悪くならないで欲しいです。

 

飲酒運転が一番問題なのはバレなかったらお咎めなしになるという点だ。こういう人間は捕まらない方に博打を打つ。いかなる場合でも検挙できるような仕組みを考える必要がある。
とある男性
とある女性
まだまだいるんだよね。刑務所に3年位入るようにしないと無くならないね?罰金や免取ではだめなんでないかな?やはりある程度基準値超過は名前公表した方が良い感じです。
安全と命を守るためには必要かもしれない
飲酒運転で免停処分になっても実際に免許を返納するまでに何ヶ月もかかるので飲酒運転で逮捕された時点で免許取消にするべきだと思う。
とある…輩⁉

 

とある男性
こんなのは懲戒免職でいいのです、あまい処分ですますから自衛隊員の飲酒事件が減らないのです。
防衛省も飲酒運転には甘い対応だから、停職くらいで済む。免職か降格にすれば普通だと思える。
とある女性
とある…輩⁉
一番記事にして欲しいのは、この隊員が自衛隊からどんな処分を受けるのかだ。
それによって、自衛隊って組織の真実が見えてくる。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
「NewsJapan365」をフォローする

-事件, 不祥事
-, , , ,

Title Text