丹沢裕容疑者(外務省主査)の顔画像を特定?SNSで知り合った女子高生を買春、ホテルでみだらな行為

神奈川県大和市に住む外務省職員で中東アフリカ局第2課主査の丹沢裕(たんざわ・ゆたか)容疑者(45)が「児童買春」の容疑で逮捕されました。

SNSで知り合った女子高生(16)に、18歳未満と知りながら現金2万5000円を渡す約束をしてみだらな行為をした疑いが持たれています。

 

時間がない人向け『簡潔に完結』な記事要約

「時間がない、要点だけ知りたい」そんな方に向けた本記事の超要約です。

 

  • 神奈川県大和市に住む外務省職員で中東アフリカ局第2課主査丹沢裕(たんざわ・ゆたか)容疑者(45)が逮捕
  • SNSで知り合った女子高生(16)に現金を渡す約束をしてみだらな行為をした「児童買春」の疑い
  • 「私がやったことだろうと思います」と容疑を認めている
  • 児童買春の法定刑は「5年以下の懲役若くは500万円以下の罰金」
  • 顔画像は✕判明していない
  • SNSは✕判明していない

 

【事件概要】SNSで知り合った女子高生を買春「丹沢裕(外務省主査)」逮捕

各社メディアにより報道されていて、以下のように報じられています。

 

▼記事によると…

  • 対価を約束して女子高生とわいせつな行為をしたとして、警視庁は、外務省アフリカ2課の主査丹沢裕容疑者(45)=神奈川県大和市=を児童買春・児童ポルノ禁止法違反(児童買春)容疑で逮捕した。27日、同庁への取材でわかった。

  • 麻布署によると、丹沢容疑者は昨年4月13日午後、東京・池袋のホテルで、東京都内に住む当時16歳だった高校の女子生徒に対し、18歳未満と知りながら、2万5千円を渡す約束をしてわいせつな行為をした疑いがある。

  • SNSを通じて知り合ったといい、容疑を認めているという。

  • 警視庁はネット上の違法・有害な書き込みなどを探す捜査から生徒を補導し、事件を把握したという。

  • 外務省人事課は「極めて遺憾。捜査の結果を踏まえ、厳格に対処する」としている。

引用:朝日新聞デジタル [3/27(金) 11:24配信]
<https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200327-00000028-asahi-soci>

 

【容疑者情報】丹沢裕容疑者について(プロフィール・顔画像・SNS)

丹沢裕容疑者について、現在判明している情報(プロフィール・顔画像・SNS)をまとめます。

 

【プロフィール】丹沢裕容疑者とはどんな人物なのか?

現在判明している丹沢裕容疑者のプロフィールです。

 

プロフィール

【名前】丹沢裕(たんざわ・ゆたか)

【年齢】45歳

【職業】外務省(中東アフリカ局・第2課・主査)

【住所】神奈川県・大和市

 

丹沢裕容疑者の住む「神奈川県大和市」の地図

 

【顔画像】丹沢裕容疑者の顔画像が判明か⁉

丹沢裕容疑者の顔画像は判明しているのでしょうか。

 

丹沢裕容疑者の顔画像を調査しましたが、各社メディアでは公表されておらず、本人のものと思われる顔画像は発見できませんでした。

今後の報道や調査で新しい情報が入り次第お伝えします。

 

【SNS】丹沢裕容疑者のSNSが判明か⁉

丹沢裕容疑者のSNSアカウントは判明しているのでしょうか。

 

丹沢裕容疑者の名前で調査しましたが、本人のものと思われるSNSアカウント(Twitter、Facebook、Instagram)は発見できませんでした。

今後の報道や調査で新しい情報が入り次第お伝えします。

 

【逮捕容疑】児童買春とはどんな罪?

丹沢裕容疑者の逮捕容疑として「児童買春」の疑いがあります。

ここでは「児童買春」について、どんな罪で、どんな刑事罰なのかまとめます。

 

児童買春は児童買春・児童ポルノ禁止法「児童買春、児童ポルノに係る行為等の規制及び処罰並びに児童の保護等に関する法律」に規定されています。

 

【罪状】児童買春について

では「児童買春」とはどのような罪なのでしょうか。

 

児童買春

【罪名】児童買春(じどうかいしゅん)

同法第2条第2項では、児童買春について「児童、周旋者又は保護者若くは支配者に対償を供与し、又はその供与の約束をして、当該児童に対し、性交等(性交若くは性交類似行為をし、又は自己の性的好奇心を満たす目的で、児童の性器等(性器、肛門又は乳首をいう)を触り、若くは児童に自己の性器等を触らせることをいう)をすること」と定義している

引用:ウィキペディア

 

【刑事罰】児童買春の刑事罰

では「児童買春」の刑事罰はどのようになっているのでしょうか。

 

児童買春の刑事罰

【刑事罰】5年以下の懲役若くは500万円以下の罰金

同法によれば、2005年4月現在、児童買春をした者は5年以下の懲役若くは500万円以下の罰金に処せられ、又はその両方を併科される。これは、人身事故、即ち業務上過失傷害罪(日本の刑法211条1項)よりも重い刑である。

引用:ウィキペディア

 

ネットの反応(Twitter・ヤフコメ)

丹沢裕容疑者の事件についてのネット上でコメントを一部紹介します。

 

とある男性
ほんとに撲滅したいなら未成年もしょっぴけば?

未成年者にも懲役や罰金等のリスクが生じると地下に潜ってくことになるでしょうけど、高額化や裏世界など手を出す側のリスクも高くなり、結果としてお手軽にはできなくなるんじゃないかなぁ。

外務省職員は処罰されて然るべきだが、女子高生も逮捕されるべき。
売春防止法に罰則規定がないのはいかがなものだろうか。
とある女性
とある…輩⁉
外務省ってよほど暇なんだね。
性癖って直らないから自制する必要があるのに、自制できない人は塀の中に入って一生出てくるな!

 

ついて行く女子高生もそうだけど、外務省に勤めてて2万しか渡さないんだな。
女子高生もその額でよく納得してヤッタな。
とある男性
とある女性
小学生の頃から勉強して勉強して勉強していい大学に入って外務省で勤められるようになったのにこんな事で人生を棒に振るとは・・・。
45歳のおっさんの逮捕などは当然ですが…
金銭的約束などでの行為をした女子高校生は売春禁止法違反などで逮捕していますよね?
未成年って『保護?・監視?』で誤魔化すなよ
とある…輩⁉

 

とある男性
そしてこの後、依願退職→多額の退職金、みたいな流れじゃないだろな。
今まで税金から貰ってた給料も返せ。
強要、強制でないとしたら、16歳女子高生も問題ですね。
とある女性
とある…輩⁉
起訴されるのかな?
外務省だからって忖度されて不起訴かな?

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
「NewsJapan365」をフォローする

-事件, 不祥事
-, , , ,

Title Text